Kay Matsukawa

KAY MATSUKAWA © 2008 - 2017  |  All Rights Reserved

The vocal/guitar duo K&Neo  pairs Kay - a stunning, natural-born vocalist, with Neo - a masterful, classically-trained guitarist. Since 1999, they have captivated listeners with their versions of some of the greatest songs from the 70’s and 80’s, coupled with their powerful originals. Their perfect balance between flawless technique and raw emotion has built a deep-rooted following in Japan.

The duo was originally called FAKiE but changed their name to K&Neo in 2008. The combination of nylon-string guitar and female voice might give one the impression of a soft and mellow sound; but the duo's seamless blend of rock, jazz and funk - sprinkled with a hint of Japanese flavor - gives them a sound that is both powerful yet supple, jubilant yet thoughtful.


​K & Neo(ケイ&ネオ) は、天性のヴォーカリストであるケイと、ジャンルの枠を越えた独自のスタイルを持つギタリスト、ネオとのデュオ。1999年からギターとヴォーカルのみで活動を開始。(日本での活動は「フェイキー 」というグループ名で、2008年に改名。)、70年代から80年代のロック、ソウル、ジャズスタンダードの名曲を独自のアレンジでカバーする他、オリジナル曲でも観客を陶酔させてきた。確実なテクニックと豊かな表現力を併せ持ったパフォーマンスに魅了された根強いファンも多い。

クラシック音楽に多用されるナイロン弦ギターと女性ボーカルという組み合わせから優しいサウンドをイメージしていると、ロックからR & B、ファンク、 時には日本的な情緒、侘び寂びなどを感じさせる幅広い音楽性、そしてアグレッシブな演奏に驚かされる。

The duo released a CD "FAKiE" in 2000, followed by live performances across Japan in jazz clubs, concert halls and convention centers. 2004 saw the release of the CD Timeless, which was hailed by music fans and critics alike for its high quality sound and stellar performances.


活動開始1年後、2000年にファーストミニアルバム"FAKiE"をリリース。レコードレーベルであるダイズレコーズが所有するスタジオにて観客を前にしたライブレコーディングを敢行。その後、東京を含む関東圏でのライブ活動を精力的に展開。 2004年、初のフルアルバム "Timeless"をリリース。収録曲「こころよせて」はチベットのアーティスト、"シュエリエン"のデビューアルバムでカバーされる。


To The Limit, released in 2006, was recorded live and un-edited in studio using a cutting-edge one-bit digital recording system developed by Sharp Electric Corporation.

In August 2006 FAKiE performed at "Imperial Jazz Complex" at the Imperial Hotel in Tokyo. They rode the momentum of that performance into a nationwide tour, including stops in Hokkaido, Tokyo, Nagoya, Osaka, and Fukuoka, as well as dozens of appearances on national radio programs and TV shows. In 2010 K&Neo were honored by being the first group to perform at Acoustic Candle Nights at the Kitano Hotel New York, followed by appearances at Nublu and sold-out concerts at the Zinc Bar. In April 2011 K&Neo's version of "Summertime," from their CD Timeless, was featured in UNIQLO Clothing's International TV Advertising campaign. K&Neo continues to perform regularly in both Japan and the US.

帝国ホテル「インペリアル・ジャズ・コンプレックス」などに出演、他、東京タワー「club333」初のレギュラーアーティストとしてマンスリー出演。2006年、秋よりスタートした初の全国ツアー(北海道、東京、名古屋、大阪、福岡)の成功に伴い、雑誌、ラジオ出演などメディアへの露出を拡大。

2007年、ケイが文化庁新進芸術家海外留学制度の奨学金獲得を機に米国NYへ移住。東京とNYに離れての楽曲作り、それぞれのソロ活動、別プロジェクトを開始。 2009年11月、キタノホテルニューヨーク・ジャズルームにてケイがソロデビューコンサートを開催。大好評を受けて翌年2010年5月にバースディコンサートを行う。同年9月、キタノホテルニューヨークが手掛けるディナーショー"アコースティック・キャンドル・ナイツ"の第一弾アーティストに「K & Neo」が抜擢される。その後もイーストヴィレッジのNubluなどに続けて出演、グリニッジヴィレッジの老舗ジャズクラブZINC BARの”Mondays Terrific Vocal Series”セミレギュラーとなる。2011年4月からCD”Timeless”収録曲 "Summertime"が日本全国、そして韓国で展開されるユニクロ・クロージングのCMソングに起用され放映された。現在も日本とニューヨークの両方での活動を続けている。

その後、丸の内「丸ビル」でのBMW主催「New MINI 1year Anniversary」、サントリー主催、青山ダイヤモンドホールでの「カンパリレッドパッションクリスマスコンサート」など、様々なイベント、ジャズクラブなどへの出演を果たし、ファンベースを拡大。2006年、シャープ(株)と早稲田大学の技術協力を得て、1-bitレコーディングシステムを採用したアルバム"To The Limit"をリリース。パンチイン、オーバーダビングなどの編集を一切排除したライブレコーディングを敢行。演奏の完成度、臨場感あふれる録音のクオリティの高さで、ハイエンドオーディオユーザーを始め、オーディオに携わる多くのプロフェッショナル達のリファレンス盤としても広く浸透、高い評価を得る。「プロ・サウンド」には6ページに渡る特集が掲載され「Jazz Life」他、多数の音楽誌などでも取り上げられた。

Biography | K & Neo a.k.a. FAKiE